採用情報|株式会社ジーアングル

社員インタビューINTERVIEW

社員インタビュー

世の中にまだ存在していない、新しい価値を作ってみたい。

事業開発部 課長補佐・システムエンジニア

J.P

神奈川県出身。
大学を卒業後、エンジニアとして新卒でジーアングルへ入社。
以降、Webサイト制作やシステム開発、ロボットアプリ開発など
幅広いジャンルのシステム面で貢献。
よく大乱闘系バトルゲーム大会の主催を行なっている。

バックオフィスエンジニア

INTERVIEW

ジーアングルではクリエイターにより良い環境を安定して供給するために
自社のオリジナルを含めたシステム開発に力を入れてきました。
新卒で入社以降、常のその中心にいたJに、当時の業務内容や
今後入社するシステムエンジニアへのメッセージなどを聞いてみました。

入社早々1からプログラムを動かしてみたのは、なかなかできる体験じゃないなぁと

新卒で入社して丸7年経ちました。高校でも大学でも情報系の学科を選択していて、プログラミングや画像加工まで幅広い勉強をしていたので、事業ドメインの広いジーアングルは魅力的に映ったんです。

「事業開発部」というところの配属になったんですけど、”他のクリエイティブの事業部ではやれないことやろう”、”新しいことをやってみよう”というのがミッションで。入社早々から「こういうアイデアって売れるんじゃない?」みたいな企画面から考えて、それを実際に自分で1からプログラミングして動かしてみる、っていう体験は、なかなかできるものじゃないなぁと思ってましたね。

バックオフィスの方が最新トレンドが必要になる

入社当初はWebサイト構築に携わっていたのですが、今はだいぶ作業領域が広がりましたね。当時は本当に1からサイトを内製してましたけど、今は自社システムの開発や保守がメインになりつつあります。いわゆるバックオフィスの業務です。インフラの構築や、社内に課題があればシステムで解決できないか考えたり。社員のみんなが通常通り業務できるように、お手伝いをさせてもらってるイメージです。

そういうバックオフィス業務の方が、むしろ最新トレンドが必要になったりするんですよね。ちゃんと常識を知らないとやれないお仕事なので、情報収集はしっかりやるようにしてます。僕は携帯電話を機種変するときも、全部の機種の特性を調べて比較して、携帯博士になってから変えるタイプなので、向いてると思います(笑)。

でも、本当は世の中にまだ存在していない、新しい価値を作ってみたい、という思いもずっと持ち続けているので、数年後には実現したいです。

会社の軸を作ってしっかり守るお仕事

バックオフィスのお仕事って、会社の軸を作ってしっかり守る、っていうことだと思うんです。そのためには自分がブレちゃダメなので、ルールは作りながら、イレギュラーに対応する柔軟さも必要になります。そういう仕事へのスタンスが自分に向いてるな、という方は大活躍できると思います。情報収集が好きな方も良いと思いますね(笑)。特別なスキルはあまり必要ないんじゃないかな。未経験でも、臆さないで全体のことを考えるのが好きな方であれば、絶対向いてますよね。がっつりコードを書くわけじゃないですが、プログラミングの知識は即戦力で生かせると思います。

でも一番は、対話相手が社内のスタッフさんになるので、ベタですけどコミュニケーションが好きな方が楽しめますよね。そのスキルも必要になってくるので、コードしか愛せない!みたいな状態だと上手くパフォーマンスが出せないかもしれないですね。

員インタビュー

INTERVIEW