社員インタビュー

ゲームアニメーター

M・F

2Dのイラスト素材をパーツ分けし、モーションを付ける。作業内容も使用するツールも、まだまだ認知度が高いとは言えない「ゲームアニメーター」という職種。元々はイラストレーターとして新卒入社したMが、アニメーターに進化するまでの道筋を聞きます。

かなり自主性が問われる職場でびっくりしました
専門学校ではキャラクターデザインを勉強していました。元々ゲームもイラストも大好きだったので。幸運なことに、その学校が様々ツールの基礎知識を幅広く教えてくれるところで、PhotoshopやIllustrator、SAIと一緒に、FlashやAfter Effectsも勉強できたんです。 ジーアングルは学校での会社説明会で知ったのですが、挨拶を大事にする文化やクオリティにこだわる姿勢に惹かれて応募しました。あと、おやつ休憩の時間があると聞いたのもポイント高かったです(笑)。「最初の数年は先輩に言われたことをひたすらやれ!」って言われる世界なのかと思いきや、かなり自主性が問われる職場でした。作業するにも自分で時間をしっかり管理して、分からないことがあったらまず自分で調べる。制作案件もすぐに任されたので、想像と違くてびっくりしたのを覚えています。社会人1年目って柔軟性とかもまだまだ足りないし、苦戦しましたね。
モーションがバシッと決まった時は、
イラストでは味わえない嬉しさ
最初はイラストレーターとして勤務していました。そこからアニメーションの道へ進んだ理由として、Flashでの制作が好きだったことが大きいです。ゲームの中で使われる「ガチャ」の演出などでFlashのニーズが高いことも分かっていたので、思い切ってアニメーションを自分で勉強して、少しずつ実制作で使えるようになり、お仕事ももらえるようになりました。学校で基礎をやっておいて本当に良かったです。特に自分のイメージ通りにキャラのモーションがバシッと決まった時は、ちょっと一枚絵のイラストでは味わえない興奮や嬉しさがありますよ。
今勉強しておけば、パイオニアになれるんじゃないか
いまの主な仕事はソーシャルゲーム内の演出を制作です。Flash以外にもSpriteStudio、Spine、Unityなどを使用します。イラスト制作だったらPhotoshopやIllustratorがメインツールですが、2Dアニメーションはまだ黎明期で。ここ1年はUnityが多いですかね。予想以上のスピードで、制作で求められるスキルが変わってしまうのが大変なのですが、今勉強しておけばPhotoshopみたいにメインツールが確定した時に、パイオニアとして活躍できるんじゃないかな、と思っています。
「とりあえずやってみよう!」ってトライしてもらえたら
自主性が求められる分、なんでもやらせてもらえる職場とも言えるので、2016年はUnityで3Dのモーションもできるようになりたいです。キャラクターデザインから始まって、mayaとかの3Dツールに触れる仕事をすることになるなんて、本当に想像していませんでした(笑)。「イラストしかやりたくない!」って閉じてしまっていたらこうはなれなかったので、これから応募していただける方も、「とりあえずやってみよう!」って気持ちでトライしてもらえたら嬉しいですね。

Profile

M・F

アミューズメントメディア総合学院を卒業後、
2012年に新卒でジーアングルへ入社。
イラスト部門からアニメーション部門の
設立メンバーへと進化。
終業後は、一狩り行ったり本屋に入り浸ったりしている。